So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

根無し毒草 [報道]

 抑圧され独立を希求している民族が自らの文化や伝統に対して持っている矜恃は尊重されるが、すでに独立している民族が持つそれの場合は、国粋主義だ排他主義だと批判される。
 このような二重規範、ダブルスタンダードはさまざまな事象に対して、至るところにおいて見られるものだ。相手次第で、主導的とする賛嘆と強権的とする批判、民意だという正当化と数の暴力だという否定に分かれたりする。資産家の政治家を嫌みたらしく見ていたマスコミ人が民主党政権成立初期の頃、こぞって鳩山某のことを育ちがいい品があると持ち上げていたことは記憶に新しいし、最近では天下り斡旋で退職に追い込まれた某前事務次官が政権批判に使えると見るや、後輩の面倒見が良いと手の平を返して持ち上げたりしている。
 相手次第で変わることのない評価が信頼できる客観的な評価であり、そのような判断を下せる人間こそ、いわゆる頭の良い人だろう。そんな人間をマスコミ界や野党に求めることは無理難題だと、今の狂乱ぶりを見ればもはや解りきったことだが、その場しのぎで自分勝手な評価を弄んで国を混乱させる手法が蔓延っている限り、マスコミにも野党にも、そしてこの国にも明るい未来はない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もし~だとしたら [報道]

「もし~だとしたら、ひどい話だ」「もし~だとしたら、絶対に許さない」という、仮定の話から断定的に非難へと結びつける表現は、ずいぶん以前から掲示板やブログなどでよく見かけられる。だいたいにおいてほんの数行の書き込みだから、仮定にどれだけの説得力があるのか提示されることはなく、結果として仮定に誤りがあっても後に訂正されることも滅多にない。煽りや釣りの類としての面白半分か、もしくは本気の書き込みなら単に知性の足りない子供じみた感情的な物言いだなと気になっていた。
 それがここ数年、大手の新聞テレビ等でも、「もし~だとしたら大問題だ」というフレーズが氾濫しているように思える。政治家が政敵に対してこのような表現によって批判することはよくある。それはそれでまた批判の正当性が証明されない限りは、印象操作を狙っただけの幼稚な悪口に過ぎないもので閉口させられるが、同類の感情的な語り口が大手マスメディアからもなされるというのは、呆れかえるという表現だけでは済まされない状況といえるだろう。
 強いて言えば、呆れるというより恐怖に近い。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不倫報道 [報道]

 著名人の不倫報道について、「夫婦や愛人という当事者の間だけの問題だから、マスコミなどの他者が騒ぐことではない」という意見をよく目にするようになった。が、世の中のたいていの「問題」は、当事者の間だけにおけるものであって、誰かが誰かを殺したという事件も世の中のほとんどの人にとっては無関係だが、だからといって報道しなくてよいわけではない。
 しかも上記のような意見は、違法でなければ何をしても良い、といった下衆の発言のようで、行き過ぎた報道も顰蹙ものなら、倫理性を無視するのもまた同じく褒められたものではない。違法の場合は勿論のこと、倫理に照らして批判されるべきことはやはり批判されるべきであり、程度にもよるが倫理上のことで問題視されることそのものは、むしろ無ければ不自然であろう。
 より深刻なのは、法的にも倫理的にも問題ないにもかかわらず、特定の思想や政治的な目論見によって、公的な場において一方的な批判が垂れ流しにされる事態が存在していることだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

漏れと逃れ [報道]

 今月26日の毎日新聞ネット記事に、「宇佐神宮が課税逃れ 50年以上か」という見出しがあり、読んでみた。本文の冒頭には次のように書かれている。

 大分県宇佐市は26日、法解釈を誤り、市内の宗教法人に対し、固定資産税などを長期にわたり課税漏れを続けていたと発表した。宗教法人の名前は非公表としたが、国宝の宇佐神宮とみられる。

 この文章を読む限り、市が法解釈を誤ったために課税漏れが発生したわけで、すなわち非は法解釈を誤った市にあることになる。しかし見出しには宇佐神宮が課税逃れ、とあり、一見するとまるで宇佐神宮が主体的に50年以上も課税から「逃げ」ていたように読めてしまう。
 税法上の問題はわからないが、「市の誤りによる課税漏れ」と、それによる「宇佐神宮の課税逃れ」は、意味するところは同じとはいえ、同一の事案に対する表現として正しいのだろうか。宇佐神宮の名称を見出しに書いてわかりやすくしたいのなら、「宇佐神宮への課税漏れ」とすればいいだけである。文字数としても一文字増えるだけで、本文に使われている表現を変えることもない。課税逃れという表現を見出しに用いることに幾許かの悪意を感じるのは、過剰反応だろうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

被害者面 [報道]

 ネット上に、テレビはなぜネットのデマに躍らされるのか、というタイトルのニュース記事があった。
 しかし、もはや捏造の元凶をネットに押しつける構図そのものには説得力がない。騙されるテレビ側の無能さについての指摘は正しいが、ネットの悪とテレビの正義という前提が垣間見えるのは、やはり未だにテレビに対する信頼を疑っていないからで、悪意や無能の存在はネットでもテレビでも同じである。テレビのデマに躍らされているネット記事はいくらでもある。
 テレビ側の無能については実体験として承知している。詳しくは書けないが、一昔前の渋谷のチーマー然とした風体のディレクターに、いい加減なネット情報をあたかも自分の専門的な知識のようにカメラ前で話すよう要請されたことがあった。その際に知った制作者側のどうしようもない知性や品性に、ほとほと呆れかえってしまい、それ以来、かの番組を観ることはなくなった。
 先日、某番組のテロップで、「殉じる」とすべきところを「準じる」と出しているのを見た。それは出演者が語っている言葉だったが、本人に確認することもしていないわけだ。ADが打ち出したであろう文字をDが確認しなかったか、しても間違いと理解できなかったらしい。
 雑誌書籍などで誤植が出るのは編集者にとって恥ずべき事だが、テレビ屋にとってはそれほどでもないから、文字の確認作業は定着していないのだろう。映像と音にこだわっても、文字には無頓着では、いくらテレビとはいえ伝えることの基本がなっていない。所詮、その程度のメディアに過ぎないことは、最近はよく知られるようになったと思われるが、周知されるという程になるのはいつのことだろうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

肯定するものではありません [報道]

 心霊ものやUFO関連の動画を扱ったテレビ番組では、「心霊現象を肯定するものではありません」といったテロップが最近はつけられるようになっている。
 CMでも、トリックや非現実的なシーンの場合、「CM上の演出です」という説明文がわざわざ表示される。わかりきったことだがなあと白けてしまうが、そうしないと文句が寄せられたりするのだろう。
 しかし心霊系の番組の場合、世の中には霊能者や祈祷師として生計を立てている者もいるわけで、番組は彼らの立場を、はっきりと否定はしていないとしても、肯定はしていないわけだ。まあ、公共の機関としてはいたしかたないことかもしれない。
 が、「肯定するわけではない」ことを主張するのは、彼らの思想信条の自由を侵害するとまでは言わないとしても、なにやら胡散臭いものですよと決めつけていることになるのではないか。世の中には霊能者の類の者を詐欺師としか見ていない人も多く、確かに胡散臭い自称霊能者もいるとはいえ犯罪者でない限り、肯定はしませんよといちいち公共機関から評価される筋合いもないような気がする。
 パワースポットブームとやらであちこちの神社のご利益が紹介されても、別に「神霊の存在を肯定するものではありません」とか「ご利益を肯定するものではありません」などとは出ないのは、相手が宗教法人だからで、歴史や組織の有無が問題なのだろう。
 一方で、より公正でなければならない報道において、根拠のない野党側の言い分による疑惑ばかりたれ流すことは大いに批判されるべき事で、もちろん「疑惑を肯定するものではありません」と表示したとしても許されることではないわけだが。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

偏向批判 [報道]

 改造内閣について「お友達内閣という批判をかわす目的か」などという論評が、いくつかの局で同じようになされているのを見た。
 これが野党側による論評なら、理解できなくもない。とかく野党は与党の為すことについては批判的な言辞しか吐かないからだ。しかしこれが野党でもなく、また自民党に批判的な評論家でもなく、普通のニュースにおいて局のアナウンサーがこのようなことの書かれた原稿を読み上げるとなっては、いたく違和感を覚えざるを得ない。
 なぜなら、これまでの内閣がお友達内閣と批判されるべきものであることを正当とした前提となっているからで、こういう点においても、ニュース報道が公正性を離れ、野党側に偏した姿勢であることを示しているものといえよう。
 そもそも内閣のトップが、自身の理想とする組閣を検討する際に、気心の知れた人物を集めるのは当たり前ではないか。お友達云々という批判は実質的には批判たり得ていなくとも、なにやら批判的に発言されると、あたかも的を射た批判であるかのように一定の評価を持ち始めるのは、一連の森友とか加計とかの疑惑と称されるものにおける安倍批判と同類であろう。
 ところで、森友学園側が寄付でないものを寄付と偽造していたことが明確となったことに対し、総理側からの寄付があったとする疑惑(犯罪でもないのに疑惑と呼ぶのは野党マスコミ連合側の嘘だが、便宜上使っておく)を連呼していた連中は、何か言うことはないのか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新聞テレビの自滅 [報道]

 今に始まったことではなく、およそ自分が直接知っている限り、ほぼ常にマスコミは自民党政権や保守的な思想や文化に批判的で、時としてひどく偏った報道ばかりしている。
 そのことを強く認識したのは昭和60年から放送されている「ニュース・ステーション」だ。コミカルでにこやかな久米宏の人気に乗って好評を博し、最初はよく観ていたものだが、やがて偏向ぶりにうんざりして観なくなった。それは古舘伊知郎になっても変わらない。
 土井たか子のもとで社会党が躍進した際、これはどの番組でもそうだったが、自民党が負けることが日本にとって望ましいことのように論じられていた。結局は社会党に権力を維持する力は無く、続いて日本新党や民主党が躍進する際もマスコミはこぞってこれら非自民の政党を後押しするが、いずれの政党も長続きする力は無かったわけだ。一党が政権を持ち続けるよりも二大政党制になった方が良いとする見解が背景にあるとしても、そもそも日本の革新系には保守と同等の勢力や人材もなければ、共通する理念もない。マスコミがよってかかって持ち上げてブームを作ってようやく、自民党に対抗できる政党がでっち上げられるが、所詮そんな党に持久力はない。
 さて、問題は、偏向報道や捏造報道をしてまで必死になって砂上の楼閣を作り出そうとするマスコミである。麻生総理に対する政治上の問題ではない点ばかりのネガティブキャンペーンを続けた結果、支持率は急速に落ちて、あの民主党政権が誕生したことは記憶に新しい。そして今回も安倍総理に対して更に徹底した偏向報道がなされているわけだが、前回と違って今回は、取って代わる政党がない。小池百合子が国政政党を作れば対抗馬になるとしても、今からではあまりにも急拵えで、都議選では自民都議の自滅により圧勝したとはいえ、国政でも同様の結果となるとは思えない。ただ単なる自民潰し安倍政権潰しがマスコミの今回の目的だろう。
 いつも不思議に思うのは、マスコミの中の人間のことである。上記のような目論見を抱いている者ばかりではない筈だからだ。多くは生活のため仕事に縛られており、上からの命令には逆らえないといっても、このまま狂った状況が繰り返されれば、もはやマスコミを含めて国が滅んでしまいかねない。滅ぶとは大袈裟に聞こえるだろうが、狂った報道が跋扈する国に健全で輝かしい未来など望めないのである。マスコミの人間もネット上の知見で偏向ぶりは了解していると思われ、知った上で甘んじて何もできないのなら、もはやこのような狂ったマスコミを外部からどうにかしなければならないのだろう。そのために何ができるかはまったく見当がつかないけれども。 
 偏向や捏造など不当な操作によって人の人生や国政などを左右するような卑劣な手段が横行するメディアでは、信頼というものが成立しない。信頼が寄せられないメディアはいずれ見離される運命しかなく、それは自死に他ならない。気に入らない政権の首を正義面して締め付けているつもりで、同時に自らの首をも絞めているのである。このような事態をマスコミの中のまともな人たちはどう考えているのだろうか。それともマスコミにまともな人間など求むべくもないのだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

捏造と偏向の綴織 [報道]

 就任した直後の小池都知事に対する自民都連の対応が非常に素っ気なかったことで、あの大人げない態度に不快感を覚えた都民は多いはずだ。先日にはTBSの番組で自民党の議員が握手を拒否したように加工された捏造映像が流されたようだが、写真撮影の拒否とか時間の短さと言った点で嫌な対応だったことは否めない。
 それらを含め、自民都議への反撥は相当に高まっていて、あのときからすでに今回の都議選の結果は決まっていたと言っていい。自身も自民党議員へ投票することを躊躇っていたほどだが、以前にも書いたように、都知事側の団体が公認したのは革新系の中身のない女性議員で、推薦したのは直前に民進党を離党した人物、残りは共産党と自民党であって、結局は消去法により自民党議員に入れざるを得なかった。当選したのは都知事側に公認と推薦を受けた二人である。
 大敗の原因は安倍政権側の問題ではないことは明らかだと思えるのだが(勿論まったくの無関係ではないとはいえ)、そうであるかのような報道や発言が多いこともまた、捏造映像を流すTBSと同じで偏向した姿勢と目論見によるものといえよう。このなりふり構わぬマスコミの狂態は、いったいなんなのだろう。断末魔のもがきなら、いずれ再生の希望も持てるのだが。
 それにしても、例の握手の場面だけ切り取られた映像を見た司会のタレントやコメンテーターの連中は、「これ印象的でしたよねえ」などと間抜けな発言をしており、いかにいい加減で適当に人を批判しているのか分かると同時に、いかに番組制作側の手の平で躍らされているかも了解される。こういう扱いやすい連中だからこそ番組に重用されるのだろうなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

終わりの始まり [報道]

 元からおかしかったとは言え、ここのところはその異常性があからさまになっていることが、マスコミがマスゴミと呼ばれる所以だろう。
 異常性があからさまになっているのは、マスコミの意向が反映されないネットの情報と対比できるからだが、もちろんネットのない時代においてもマスコミの偏向ぶりは指摘されている。
 たとえば紀元節論争にまつわる報道の問題があった。
 神武天皇が即位した日とされる2月11日はかつて紀元節と呼ばれ、戦後にGHQによって廃止されていたものを、やがて復活を希望する声が高まっていたときのことである。葦津珍彦の『神武天皇紀元論』(昭和33年)によれば、明治神宮外苑に八千人余りの大衆が集って賛成の決議をしたが、多くの報道機関が来ていたにも関わらず、その決議文は報道されなかった。しかし三十人余りの歴史学者が反対の集会で発した決議文は、ほとんどが全文を報道したという。
 葦津はこれを「少数派の権威を礼讃する心理と、大衆を蔑視する心理とが、極端に露呈してゐる」と指摘している。専門家でない者の意見より専門家の意見を重視するというのは、必ずしも間違いではないとは思うが、より現在のマスコミ批判に通じるのは次の指摘である。上記のようなマスコミの報道姿勢は、マスコミの人間が「それを民主主義を守るために必要なのだと信じてゐるらしい」からというものだ。
 偏向報道することが民主主義を守るという矛盾は、現在においていくつも目にしている。自分たちの意に添った事柄は報道し、そうでないものは報道しないというだけでなく、意に添ったときには民意を称え、そうでないときには多数決を疑えと論評したりする。つまりはご都合主義である。ただしこの場合、ご都合主義とはいってもマスコミ側に明確な何らかの立場がないわけではない。確かに存在している。しかしそれは決して客観的に見て在るべき民主主義ではないことは、報道の姿勢からして明らかであろう。
 偏向報道してまでも安倍内閣を倒すことが自分たちの信じる民主主義のため、と思い込んでいるのであり、おそらくそういったテロリストにも似た頭の凝り固まった連中と、特に明記することは控えるが日本を統制下に置きたい一派との結託が、現今のマスコミと野党の異様で醜悪な振る舞いを引き起こしている。
 今のところ安倍内閣の支持率がたいして下がっていないところを見ると、多くの人がマスコミと野党の異常性を認識しているのだろう。ひょっとしたら今回の騒動をきっかけに、偏向した勢力の瓦解が始まるのかもしれないと期待するのは、少し楽観的すぎるだろうか。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感