So-net無料ブログ作成
検索選択

終わりの始まり [報道]

 元からおかしかったとは言え、ここのところはその異常性があからさまになっていることが、マスコミがマスゴミと呼ばれる所以だろう。
 異常性があからさまになっているのは、マスコミの意向が反映されないネットの情報と対比できるからだが、もちろんネットのない時代においてもマスコミの偏向ぶりは指摘されている。
 たとえば紀元節論争にまつわる報道の問題があった。
 神武天皇が即位した日とされる2月11日はかつて紀元節と呼ばれ、戦後にGHQによって廃止されていたものを、やがて復活を希望する声が高まっていたときのことである。葦津珍彦の『神武天皇紀元論』(昭和33年)によれば、明治神宮外苑に八千人余りの大衆が集って賛成の決議をしたが、多くの報道機関が来ていたにも関わらず、その決議文は報道されなかった。しかし三十人余りの歴史学者が反対の集会で発した決議文は、ほとんどが全文を報道したという。
 葦津はこれを「少数派の権威を礼讃する心理と、大衆を蔑視する心理とが、極端に露呈してゐる」と指摘している。専門家でない者の意見より専門家の意見を重視するというのは、必ずしも間違いではないとは思うが、より現在のマスコミ批判に通じるのは次の指摘である。上記のようなマスコミの報道姿勢は、マスコミの人間が「それを民主主義を守るために必要なのだと信じてゐるらしい」からというものだ。
 偏向報道することが民主主義を守るという矛盾は、現在においていくつも目にしている。自分たちの意に添った事柄は報道し、そうでないものは報道しないというだけでなく、意に添ったときには民意を称え、そうでないときには多数決を疑えと論評したりする。つまりはご都合主義である。ただしこの場合、ご都合主義とはいってもマスコミ側に明確な何らかの立場がないわけではない。確かに存在している。しかしそれは決して客観的に見て在るべき民主主義ではないことは、報道の姿勢からして明らかであろう。
 偏向報道してまでも安倍内閣を倒すことが自分たちの信じる民主主義のため、と思い込んでいるのであり、おそらくそういったテロリストにも似た頭の凝り固まった連中と、特に明記することは控えるが日本を統制下に置きたい一派との結託が、現今のマスコミと野党の異様で醜悪な振る舞いを引き起こしている。
 今のところ安倍内閣の支持率がたいして下がっていないところを見ると、多くの人がマスコミと野党の異常性を認識しているのだろう。ひょっとしたら今回の騒動をきっかけに、偏向した勢力の瓦解が始まるのかもしれないと期待するのは、少し楽観的すぎるだろうか。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マスコミリンチ [報道]

 民進党の議員が「私はこの土地取引とかそういうものに総理や夫人が絡んでいるとは思っていません。そのことは私は信じています」と言いつつ、明確な証拠もないまま、何か不正があったのではないか責任があるのではないかと総理を追求。
 曖昧にも関わらず、ただ疑惑が総理夫妻に向けられている点と問題の学校法人周辺の疑惑ばかりを垂れ流しつつ、一方でマスコミは、「トランプ大統領がまた根拠なくオバマ氏を批判」と報道。
 原理原則に従って評価を下しているのではなく、相手を見て態度を変えているのは明らかで、これが政治家やジャーナリズムの姿とは、今更ながらまったくもって情けない。
 ネットリンチという表現によって、ネットにおける異常な叩きが問題視されたりするが、マスコミはまた依然として「マスコミリンチ」を行っている。裏にどんな思惑があるとしても表面的には正義面し、不確かな根拠で他者を一方的に叩いていることは、個人と公的機関という点を除いて、ネットもマスコミも変わることはない。
 最近になって多少はマシになってきたかなと思っていたのだが、ここのところの原発や沖縄基地の問題に触発されたか、先祖返りを起こしているような気がする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

靖國神社爆発「音」事件 [報道]

韓国人による例の靖國神社における爆発テロ事件、
テレビ等では「爆発音事件」と表現している。

そうか、「音」が問題の事件だったか。
ぶっそうな音を鳴らしたことがこの犯罪の核心だったのかあ。
なんとか大した事件ではないように持っていきたいのだろうな、
マスゴミ的には。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

扇情的な安保法案報道 [報道]

 うろ覚えな話なので間違っているところもあるかもしれないが、以前、こんな記事をネットで見かけた。
 ノーベル賞も受賞したアメリカの経済学者が、「安倍首相は南京事件を否定するような歴史修正主義者で悪い奴だと友人から聞いていたから良い印象を持っていなかったけれども、彼の進めている経済政策は間違っていない」と語った、という記事だ。
 優れた経済学者であろうとそうでなかろうと、欧米人が日本や中国の歴史に詳しいことはその筋の専門家でない限り少ない。東洋人であってもその事実関係を調べてブラックプロパガンダかどうか客観的に判断している人は、たいして多くはない。研究者が自身の専門分野についての研究において、真に客観性を持って判断を下すことでさえ、なかなか難しかったりもする。
 いずれにせよ、いかに優れた経済学者であっても、少なくとも自分の専門分野以外のことに関しては素人並の知識であったりするわけだ。
 件の外国の経済学者に政治的偏見を吹き込む、おそらく知識人と呼ばれる立場の人間の存在もまったくうんざりさせることだが、国際法や国際政治が専門ではない、物理学などのノーベル賞受賞者の研究者や有名人に現在の安保法案を否定的に語らせる番組作りばかりしているマスコミは、相変わらずどうしようもなく偏っている。
 ここのところ、テレビ報道だけでなく、ネット上でもすぐに徴兵制が制定され戦争が始まるといった、扇情的で政治戦略的な政権批判が横行しているようで、まったくもってうんざりさせられる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

池上彰が日本人に教えたい、らしい [報道]

 近々、次のようなタイトルの番組がテレビ朝日で放送されるという。

「池上彰が今こそ日本人に教えたい 実はみんな知らない日本」

 なんと傲慢なタイトルだろう。これを考えたスタッフや、出演する池上彰は恥ずかしく感じなかったのだろうか。日本のことを知り尽くした超人的な知識人が、君たちは知らないだろうが実は日本とはこんな国なんだよ、と遙か高みから無知な我々に教え諭してくれるらしい。
 今、テレビで番組表を確認したら、「池上彰が伝えたいこと~」と改められていた。さすがにあまりにも傲慢すぎたことを自覚したようだ。とはいえ、神道や仏教などについて取り上げるらしいが、池上彰はそれらの専門家ではない。専門家が書いたり話したりしていることの一部を、このジャーナリストが理解しているふりをして喋るだけだ。
 以前も池上彰の番組で靖國神社と伊勢神宮について語っている番組があったが、ひどいものだった。靖國神社については浅はかな神道の知識で政治的な意味合いから批判的に語り、伊勢神宮については現場でロケをしている関係だろうが、神宮側の主張をそのまま口移しに語るだけであった。どうして専門外のことを、あたかも専門家のような口ぶりで話すのだろう。恥ずかしくないのだろうか。
 それにしても、最初の「日本人に教えたい」というフレーズは、自我の肥大化した歴史観で他国の歴史を一方的に規定しようとする、某国人の傲慢な精神を思わせるのは、思い過ごしだろうか。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘイト報道 [報道]

 産経ニュースのサイトによれば、衆院選秋田一区で自民党議員が当選したとき、毎日新聞の秋田版にはその様子の写真とともに、「テカテカ光った自民党県連の幹部、オヤジたちの顔だ。(略)バンザイをし、カメラの前に居並び、乾杯までしている。めでたい、うれしいという無邪気さはどこから来るのか」などといったコラムが載ったという。
 これについて先日、毎日新聞は写真中に「自民党県連の幹部はいませんでした」と謝罪する文をサイトに掲載したらしい。
 もちろん、謝罪すべきポイントはそこではない。
 当選したことが当人や支援者たちにとってめでたく嬉しいことは当たり前だろうに、「どこから来るのか」とわざわざ冷ややかに書く。いろんな課題難題が差し迫っているのだとしても、当選という結果が出た直後なら喜ばなければむしろおかしい。
 開票結果が出る時間帯には当然、疲れて顔もテカる。それをわざわざ「テカテカ光った」「オヤジたちの顔」と書く毎日新聞コラム執筆者の下品な悪意は、いったいどこから来るのだろう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

広い意味での強制性 [報道]

 慰安婦問題での誤りをようやく認めた朝日新聞だが、それでもまだ中途半端な言い訳や強弁をしていることは相変わらずの体質を示していて、このまま突き進んでとことんまで見離されればいいと思う。
 中途半端な言い訳や強弁とは、たとえば「広い意味での強制性があった」などという主張だ。
 広い意味での、という表現をこういう文脈で使うのはずいぶんと卑怯な論法で、もうなんでもありになってしまうからである。広い意味なら、強制性はなかった、でも通るのだから、まったく意味がない。
 これは以前にも書いたと思うが、「軍国主義を連想させる」という「連想」を用いることと同じだ。連想は自由だから、なんでも軍国主義や戦争や戦前戦時中の日本と結びつけることは可能なのである。靖國神社を総理大臣が参拝すると、反靖國の連中が参拝の目的は「平和な世界の希求」ではなく、勝手に「戦争賛美」だと連想してしまうことと同じだ。
 こんな曖昧な言葉を用いなければ強制性を主張できないところに、かえって主張の曖昧さが露呈していることを朝日新聞は気づいていないのだろうか。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

御巣鷹山の事故 [報道]

 御巣鷹山日航機墜落事故が取り沙汰されるとき、いつも思い起こすことが二つある。
 ひとつはまったくどうでもいいことだが、当時の自分は大学生で、ポスティングのバイトから帰ってきて疲れ果てているときにこのニュースを見たことだ。
 八月中旬の暑いさなかになぜそんなバイトをしていたのかというと、あまり人と会わなくていいし、肉体を使うといっても歩くだけだったからである。誇るものが僅かながらも知力くらいしかない身ながらそんなバイトしか選択し得なかったような難儀な性格は、三十年たった今でもたいして変わらない。変わったのは、もはや暑さの中を歩く体力さえなくなってしまったことだ。
 そしてもうひとつ思い起こすのは、事故から少し経ってからのことである。
 どこの新聞だったかは忘れたが、ある全国紙の投書欄に次のような趣旨の文章が掲載された。

「生存者たちは大怪我を負って苦しんでいるのに、なぜ自衛隊はヘリコプターにロープで引き揚げるという過酷な救助をしたのか。生存者たちが可哀想ではないか。」

 まったくけしからんことだ、だから自衛隊は駄目なのだ!といった自衛隊批判が展開されており、この状況無視の愚かに偏った主張を読んで、唖然としたのである。
 世の中にはどうしても頭の悪い人、思考の歪な人はいる。もちろんそんな人でも新聞に投書したりするわけで、それを止めることはできない。
 だが、投稿された意見を掲載する判断を下すのは、新聞社の人間なのだ。内容を判断した上で新聞社の人間が、掲載を決定する。決して怠惰な管理者に運営されるネット掲示板のように、どんなに荒唐無稽で筋の通らない意見であってもそのままアップされるというわけではない。つまり採用された意見は、新聞社が活字にして世に広めるべきと認めた意見だということだ。
 読者の筆の背後に隠れての批判だから、まったくもって悪質である。あんな悲惨な事故でも、被害者のみならず救出に向かう側にも相当の苦労を強いられる状況の事故であっても自衛隊批判に利用するという、マスコミの胸糞悪い偏向は、三十年経った今でも変わることはない。
 慰安婦報道の嘘をようやく認めた朝日新聞が、それでも開き直って子供じみた自己正当化をしているところにも、自浄能力をまったく期待できない腐りきった体質を露呈してしまっている。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セクハラと差別 [報道]

 自民党所属だった男性都議会議員が女性議員にセクハラめいたヤジを飛ばしたことについて、自民党は傲慢になっているとか、海外でも問題視されているなどと、マスコミは大騒ぎしている。
 だが、かつて民主党の田中真紀子が子供のいない安倍総理のことを「種なし」と罵ったことは、マスコミではたいして騒がれなかった。海外メディアが大きく取り上げたかどうかについても、寡聞にして知らない。
 田中は他にも安倍総理が成蹊大学出身だから「学歴が低い」と馬鹿にし、また麻生元総理には「口の曲がった」「ひょっとこ」という表現で身体的特徴をからかっている。
 これだけの差別発言をしておきながら、田中真紀子は国会議員であるにもかかわらず、マスコミの上ではほとんど叩かれることはなかった。所属している民主党の体質が問題視されることもなかった。さすがに有権者からは呆れられたのか、その後は落選したが。
 要するに、「差別」意識が問題なのだ。それは女性差別ではなく、マスコミによる自民党への差別、そして男への差別である。
 件の都議会議員のヤジが下品なら、同様に安倍総理の抱えている病気に対しての民主党議員によるヤジも下品である筈なのだが、やはりこちらはマスコミ的に大きく批判されることはない。
 マスコミが振りかざす正義の多くは、差別意識に基づいている。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セルビアの大洪水 [報道]

 先日たまたま知ったことだが、五月の中頃にセルビアを中心としたバルカン半島で百年に一度という大規模な洪水があったらしい。
 災害から二十日以上たって知ったというのは、テレビであまり報道されないからだろう。新聞には出ただろうが取ってない。ネットで検索してみると、同様に「知らなかった」「なぜマスコミで大きく報道しないのか」という声が多い。
 そしてもうひとつ知らなかったのは、セルビア国民が東日本大震災に際して、経済的に豊かでない国にしては多額の義援金を集めてくれていたことである。
 自身の生活も破綻の危機を迎えているため、五百円とか千円とか子供の小遣い程度の額しか手放せないから、大使館に出向くとか現金書留で送るとかは大袈裟で気が引ける。簡単にATMから振込むことができればいいが、今のところそのような受付はないようだ。でもなんとかしたい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感