So-net無料ブログ作成
検索選択

参拝の仕方 [宗教]

 某神社の宮司が、参拝に際しては目を閉じて願い事をするのではなく、目を開けてするのが正しいと某テレビ番組で主張していたらしい。理由は、神職も祈祷において目を閉じることはないし、また相手を見て願い事を伝えるのが礼儀に適っているから、ということだ。
 これが神社本庁で指導されている参拝法かどうかは知らない。しかしそうだとしても、このような作法と根拠に妥当性はない。おそらくはその宮司の個人的な見解だろう。
 まず神職と参拝者を同列に考えるのがおかしい。神職は書かれた祝詞を読み上げ、所定の作法と工程をこなさなければならないから、瞑目していては務まらない。神と参拝者の中継ぎをする役割の神職を、参拝者と同じ位置づけにする必要はない。
 そしてなによりも、相手の目を見て話をするという礼儀は、あくまでも同じ立場において成立するものだ。今の世の中ではたとえ上司や先輩であっても目を見て話をするのが礼儀であろうが、それは同じ人間だからである。しかし参拝において人が対するのは神であって、決して同じ立場ではない。かつては同じ人間でも身分が違えば目どころか顔を見ることすら憚られていたわけで、それは神聖なものを直視してはならないという禁忌と同根だろう。一般に御神体がどのように奉安され、その理由が何なのか、かの宮司はよく考えてみればいい。
 宮司とか住職とかの肩書きを持っていても、たいして専門的な知識見識を有していない者は多い。問題は、そういった人物の意見を碌に調べもせずに安直にたれ流すだけの番組制作側のいい加減な姿勢にもあるわけだが。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0