So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

神器承継と皇室典範 [報道]

 今月16日の朝日新聞デジタルの社説に、天皇の即位儀礼について何やら書かれているというので読んでみた。相変わらずの論調でうんざりさせられるが、気になった点を挙げてみる。
 ひとつは、戦後初となった平成の即位儀礼において神器の剣と曲玉を継承する儀式が国事行為として行われたことを、「神話に由来し宗教的色彩の濃い剣璽承継が、なぜ国事行為なのか」と疑問視している点である。言葉としては用いていないが政教分離の観点から、宗教性を問題としたいのだろう。しかし、そもそも天皇の存在が神話や宗教に基づいていることには触れていない。神話の世界観を離れて合理的に見るならば、神器に宗教性の本質があるのではなく、天皇が神話や信仰に基づいているゆえに、継承されている神器が神聖視されているのである。すなわち神器への疑問視は天皇の存在への疑問視に直結するもので、おそらくはその点をも言外に含ませているかと思われる。
 次に、この神器継承の儀式に女性皇族が参列していないことを「排除された」と表現し、先帝崩御の直後だから出席を求めなかったとする政府の答弁について「どれだけの人が納得するか。政府は時代にふさわしい姿を再検討し、考えを国民に丁寧に説明しなければならない」という。
 この儀式(剣璽等承継の儀)は皇位と神器の一体性を示すもので、まさに先帝崩御の直後、前回の場合は崩御の二時間後には儀式のための動きが見られている。周到な準備の下ではなく、哀しみの中を慌ただしく行われるのであり、身だしなみなど特に気を使わなければならない女性皇族の参加を見送ることのどこが「排除」で、誰が納得しないというのだろう。
 そして次に、「懸念すべきは、旧憲法を懐かしみ、天皇を神格化する空気が自民党内に根強くあることだ」という。天皇を神格化する「空気」とは何かというと、この社説の執筆者が挙げているのは次のようなことである。少し長くなるが引用してみる。

「最近も、天皇や皇太子の成年年齢を18歳と定める皇室典範の扱いが議論になった。天皇が未成年の場合に備え、摂政が公務を代行する期間を短くするための特例だが、18歳から成人とする民法改正案が成立すれば、この規定は不要になる。しかし保守派議員らの反発を踏まえ、典範改正は見送られそうだ。存廃どちらでも人びとの生活に影響はない。問題は、意味を失った規定を整理するという合理的な考えが退けられ、典範に手をつけるのは冒涜・不敬だとする言動がまかり通ることだ。戦前に重なる風景で、国民主権のもとに象徴天皇制があるという基本認識を欠く。危うい空気が漂うなかで進む代替わりに対し、憲法の原則や理念からの逸脱がないよう、目を凝らし続ける必要がある」

 一読して成年年齢についての規定と「神格化」とやらにいったい何の関係があるのか分かりづらいが、成人年齢の話については、皇室典範ではもともと天皇や皇太子は18歳で成年と定められ、一方で一般人の成人年齢を18歳に引き下げる改正案が提出される運びとなっている。この改正案に連動し、皇室典範の件の規定を不要として改正してはどうかという声が挙がったが見送られた、ということだ。
 この皇室典範改正の見送りを、典範への「冒涜・不敬だとする言動がまかり通」ったからとし、「戦前に重なる風景」であり、国民主権という「基本認識を欠」くもので、「危うい空気が漂」っている、というのである。
 しかし昭和二十二年に制定された現皇室典範は、三種神器についての規定がない。旧皇室典範にはあったのだが、現在は皇室の神聖性や宗教性が抑えられたものとなっており、「旧憲法を懐かしみ、天皇を神格化する」ような人間がたとえいたとしても、そんな人が神聖にして侵すべからずと崇めるような代物ではないはずだ。皇室典範という特別な法律が存在しているからには、それが神聖かどうかということではなく、民法改正に引き摺られて簡単に手が加えられるべきではないのであって、簡単に改正されることになればそれこそ危険ではなかろうか。そもそも本題は民法の改正で、皇室典範についてはあってもなくても構わない規定に過ぎないのである。
 改正が見送られたことに感じる「空気」を社説執筆者はたいそう危険視しているが、まさに空気を相手に戦っている滑稽な姿が浮かんでしまう。
 なお、以前にもここに書いたように、女性天皇を認めない現皇室典範は改正すべきだと個人的には考えている。と同時に三種神器は剣璽等承継の儀からも理解されるように、皇位と一体化しているものであることを根拠として、皇室典範に再び明記するよう改正すべきだと考える。かの社説執筆者はこのような意見を「合理的な考え」と見なして賛同してくれるだろうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

備えあれば非難あり [雑感]

 北朝鮮のテロリストが日本や韓国に潜伏していることの危険を語った研究者に対し、一部で(と思われるが正確なところは不明)非難の声が挙がっている。
 昨年、ミサイルが飛来したときの対応について滋賀県教育委員会が学校等に通知を出したとき、「戦争の危機を煽るもので子供に不安を与える」と教職員組合が抗議したという話を思い起こした。
 危機に対してどのように備え対処するかを教えるより、不安を与えないことの方が大事だとするのは、まるで健康のためなら死んでもいいといった冗談と同じ発想で正気とは思えない。こういう連中が火災避難訓練に対しても「火災に遭う不安を子供に与えかねない」と反対しているのならまだ一貫性はあるが、おそらくそんな愚かなことは主張していないのだろう。これは一部の(と思われる)連中が罹患している戦争アレルギーとでもいうもので、自身のみならず、他者の生命財産をおびやかす危険な病である。
 潜伏テロリストの危険に対する警鐘を批判するのは、某芸人が同性愛者のキャラを演じたり黒人俳優の風貌に扮したことへの批判と同じで、差別ではないものを差別だと騒ぎ立てる筋違いの言いがかりに過ぎない。
 某評論家が「韓国朝鮮系の子どもたちがどんな辛い思いをするか少しでも考えたのだろうか」と何故か子供を出しにして批判したのもやはり筋違いだ。危険への警鐘が差別に「つながる」という指摘なのだが、つなげることに差別意識が働いているのであって、つながる素材そのものの提供者には無関係な話である。素材の提供に配慮しろと言われても、たいていのものはつなげようと思えば何かにつながるものなのである。
 映画『ジョーズ』で、サメの出没を理由に遊泳禁止が求められるも、浜辺の観光に影響が出ることを恐れた有力者によってもみ消され、結果、多くの被害を出すことになる。そんな話も思い起こした。テロリストやロケットによる被害が杞憂に終わればいいが、かつて北朝鮮による拉致事件なんて嘘だと主張していた連中は、事が明らかとなっても誰も責任は取らないし、どうすれば責任を取ったことになるかも曖昧だ。もし仮に被害が発生したとして、件の研究者を批判している連中も滋賀の教職員も、責任を取ることはなく、取りようもない。おそらく、未然に防げなかった自国に外交努力が足りなかったと決めつけ批判するのだろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勇気とは何か [雑感]

 イデアの話を持ち出すまでもなく、一口に勇気とは何かと言っても、いろんな立場のそれぞれの状況において中身は異なるのだろう。しかしおおまかに言うなら、自身の不利益を省みることなく、自他の何かしらの有益になるために活動する原動力を勇気と呼んでいいかと思われる。
 その意味では、勇気の花のエキスを原動力とし、とかく勇気のあるヒーローだと位置づけられているアンパンマンには、そのような設定や位置づけに関わらず、勇気との関わりは甚だ薄い。
 なぜならアンパンマンは崩れた顔を取り替えて元気を取り戻せる機能を有している。ほぼ顔しか攻撃してこない敵に立ち向かい、たとえ顔が崩れても、不利益が生じることはないのである。顔にダメージを負ったとき、すぐに回復のための助けを求め、それは必ず叶えられる。
 したがってアンパンマンのヒーロー的活動に、勇気はさほど必要ではない。自身に取り返しのつかない不利益がもたらされることを顧みずに、敵と戦ったり顔をちぎって他者の空腹を癒そうとしているのではないのである。にもかかわらず愛と勇気だけが友達だと称されるのは、愛はあるかもしれないが、勇気に関しては実に不適切ではなかろうか。以前にこのアンパンマンというアニメがあまり好きになれない理由をいくつか挙げたが、以上の点をもうひとつ加えておきたい。
 さて問題は、何も子供向けアニメの世界について冗談半分で論うことばかりではない。現実の世に勇気やら何やらで称讃されている人の場合でも、その多くはさほど賞賛に値しなかったりする。もちろんそれは非難という評価においても同様で、結局は本人の問題というよりは、良くも悪くも評価する側の思惑や投影や思い込みに大きく左右されてしまっている。人の判断はこのような「偏見」に満ちていることを常に意識して客観的に正しい評価を下すべきなのだが、みな自分の考えを客観的に正しいと思い込んでいるわけで、それはその筋の専門家でも同様である。
 先日取り上げた西部氏の本でも触れていたことだが、かつて某男性アナウンサーが癌になったことを公表したとき、なぜかマスコミはこぞって「勇気ある公表」と称えていた。しかしこれもやはり、抱えている病名を他者に知らせることそのものは勇気でもなんでもない。自身の病や目前に迫った死の運命にどう対処し取り組むか、勇気と呼んでよいものが関わるのは別のところにある筈だ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

責任と罪 [雑感]

 自身の覚悟の表明として、「責任は私が取る」とか「罪を背負って生きていく」といったフレーズをよく耳にする。しかし、こんな言葉ほど白々しいものはない。
 何かしらの責任を取って職を辞したとしても、だいたいにおいて発生した被害というものは責任者一人ではなく周囲の多くの者に及んでいるもので、その辞職が失敗や損失に見合うとは限らないだろう。
 罪を背負うという言葉にいたっては、当人の心の持ち方といった問題に過ぎないのであって、たとえ本当にそんな意識を抱えたとしても被害や損失が解消されるわけではない。罪の意識という言葉と引き替えに責任から逃れようとする卑怯な方策としか思えないのである。
 平成になって間もない頃、不倫問題が発覚したクリスチャンの某女性芸能人が信仰の面からの問題を問われたとき、宗教は罪人のためにあるといったことを答え、卑怯だなと思った。平成が終わろうとしている近年、その芸能人は再ブレークしたようだったが、また不倫が発覚して芸能活動は収縮した。やはりそんな発言をしている人間は何も学ばず、愚行を繰り返して自身のみならず他者をも不幸にするのかと、かつて歌番組で純真そうに歌っていた顔を思い浮かべながら、しみじみと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不倫報道 [報道]

 著名人の不倫報道について、「夫婦や愛人という当事者の間だけの問題だから、マスコミなどの他者が騒ぐことではない」という意見をよく目にするようになった。が、世の中のたいていの「問題」は、当事者の間だけにおけるものであって、誰かが誰かを殺したという事件も世の中のほとんどの人にとっては無関係だが、だからといって報道しなくてよいわけではない。
 しかも上記のような意見は、違法でなければ何をしても良い、といった下衆の発言のようで、行き過ぎた報道も顰蹙ものなら、倫理性を無視するのもまた同じく褒められたものではない。違法の場合は勿論のこと、倫理に照らして批判されるべきことはやはり批判されるべきであり、程度にもよるが倫理上のことで問題視されることそのものは、むしろ無ければ不自然であろう。
 より深刻なのは、法的にも倫理的にも問題ないにもかかわらず、特定の思想や政治的な目論見によって、公的な場において一方的な批判が垂れ流しにされる事態が存在していることだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

漏れと逃れ [報道]

 今月26日の毎日新聞ネット記事に、「宇佐神宮が課税逃れ 50年以上か」という見出しがあり、読んでみた。本文の冒頭には次のように書かれている。

 大分県宇佐市は26日、法解釈を誤り、市内の宗教法人に対し、固定資産税などを長期にわたり課税漏れを続けていたと発表した。宗教法人の名前は非公表としたが、国宝の宇佐神宮とみられる。

 この文章を読む限り、市が法解釈を誤ったために課税漏れが発生したわけで、すなわち非は法解釈を誤った市にあることになる。しかし見出しには宇佐神宮が課税逃れ、とあり、一見するとまるで宇佐神宮が主体的に50年以上も課税から「逃げ」ていたように読めてしまう。
 税法上の問題はわからないが、「市の誤りによる課税漏れ」と、それによる「宇佐神宮の課税逃れ」は、意味するところは同じとはいえ、同一の事案に対する表現として正しいのだろうか。宇佐神宮の名称を見出しに書いてわかりやすくしたいのなら、「宇佐神宮への課税漏れ」とすればいいだけである。文字数としても一文字増えるだけで、本文に使われている表現を変えることもない。課税逃れという表現を見出しに用いることに幾許かの悪意を感じるのは、過剰反応だろうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

知性の自決 [雑感]

 数日前に入水自殺を遂げた西部邁氏が平成六年に書いた『死生論』に、次のような記述がある。引用はハルキ文庫版(平成九年)による。
「私は死が間近になったとき、たぶん、自殺すると思う。(略)たとえば癌になって、(略)私がどう振る舞うかといえば、ぎりぎりまで生きているのは厄介だと判断する。限界まで堪えてしまうと、死ぬ気力もなくなったり、肉体的かつ精神的なセルフコントロール(自己制御)も利かなくなる。したがって、そこにいく前に自殺しなければならない。」
「私なりに好ましいと思う死の形態にあっさり名前を与えてしまうと、それは『簡単死』あるいは『簡便死』である。」
「簡便死はかならずしも医者の助けを借りるものではない。自殺用の薬品が法律の網目をくぐって入手できるなら、それを使用してもよい。もっと簡便な方法をというのなら入水でもいいのである。ただし、入水の場合、近所の川や海というのでは、浮かんだ死体の様子がたいへん醜いことが多く、それが遺族の気持をいっそう傷つけることになる。」
 簡便死は、いざとなれば親族に余計な苦痛を与える前に簡単に死ぬこと、延命のための薬品や装置を自力で拒否しうる段階で自分の判断により死を迎える自殺のことである。西部氏はこの簡便死という自殺によって死ぬことを公言し、自分の中に飼い慣らしつつ、本当に実行したということだ。
 親族がすぐに通報したそうだから、冷たい冬の川で確実に死を迎え、なおかつ遺体が酷くなる前に引き揚げられるよう計算してのことだったのだろう。
 しかしそれにしても、多少は何かしらに対する失望はあったかもしれないが、絶望などによってつい悲嘆のあまり死を選ぶということではなく、はじめから自分の死の方法を定めて訓練し、実行するというのは、まったく文字通り恐れ入る。同書によれば西部氏は宗教的な世界観をまったく信じてなく、死はすなわち自己の消滅と理解し、その上で、年相応の衰えはあっただろうが明晰な知性によってその知性自らの消滅を果たした。三島由紀夫の自決と同様、生きることや死ぬことについて、いろいろと考えさせられる。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ベッキーにタイキック [雑感]

 警察官役の黒人俳優の真似をしたら差別だと問題視されている件に関連して、ひょっとしたら冗談で書いているのかと疑ったほどに頓珍漢な記事を見つけた。どうやら一部でよく知られているジャーナリストらしいのだが、志葉玲という名前でヤフーに掲載されていたから(1月6日)、受けを狙ってのものではないらしい。あまりにも面白かったので、その「ベッキーにキック痛打 ダウンタウン年末特番―国連、憲法の視点からも最悪」というタイトルの記事から奇妙な箇所を引用してみる。鍵括弧内が引用文である。

・「浜田雅功が黒人を風刺したかのような黒塗りのメイク」
 風刺とは違うだろう。「かのような」と誤魔化しているが、あれを風刺であるかのように説明していることに、単なるお笑いを社会問題として取り上げるべき事柄と見なそうとする意図が垣間見える。

・「番組中では「タイキック」と表現。タイに対しても失礼」
 なぜタイに対する失礼となるのか説明はなく、いちゃもんのレベル。

・「ベッキー本人も合意済みで腰にパットを入れるなどして、痛みを軽減していた、ということも、もしかしたらあるのかもしれない。ただ、それでも、暴力、それも女性への暴力を男性達がゲラゲラ笑うという本企画の構図自体が、醜悪であるし、不謹慎極まりない」
 たとえ合意があっても「構図」そのものが駄目というのなら、お笑いそのものが成立しない。お笑いどころか、ドラマも映画も、漫画や小説すら成立しない。

・「女性に対する暴力の撤廃は、今や日本も含む国際社会の最優先課題の一つとされているのだ」
 なぜか実際の暴力の問題へと展開する。現実の深刻で悲惨な暴力と、お笑い番組の作り物の行為を同列に論じることが、とてつもなく「失礼」な話なのだが。しかも暴力は男性に対するものでも、もちろん問題であるにもかかわらず、以下、女性に対する暴力だけが問題視される。

・「彼女への暴力を正当化する口実として、不倫騒動を起こしたベッキーへの私刑として行われた、ということも指摘しておくべきだろう」
 そもそも笑ったら尻を叩かれるという、お笑いゆえに無茶苦茶な設定の中で、「正当化する口実」も「私刑」もないだろうに。

・「番組中では「禊ぎ」という言葉が使われたが、禊ぎとは本来、神事の前に沐浴して心身を清める宗教的儀式のことである。つまり、「禊ぎ」が自ら身を清める主体的な行動であるのに対して、ベッキーを男性芸人達が取り囲んで、タイ式キックボクサーに蹴らせるというものは「私刑(リンチ)」に他ならない」
 禊の説明をわざわざ書くことは意味不明。譬えとして「禊は済んだ」などと言って宗教行為を離れて使われることは知らないのだろうか。お笑いの設定だから「私刑」なんてものではないのも明らかなのだが。

・「だが、法律によって刑を執行する刑務官以外の一般人が「刑罰」と称して他人に危害を加える私刑は厳しく禁じられる行為である」
 だから、それを言うなら、笑ったら尻を叩かれるという設定そのものが問題になるのに、なぜかそれには触れようとせずに、ベッキーに対する行為だけを暴力だ私刑だと非難している。しかも、女性への暴力のみが問題なら、これまで女性芸人に同様の行為は幾度となく行われた筈だが、そのことは無視している。
 以下、俳優が演じる悪役を本当の姿だと思い込んで罵倒し非難する式の、テレビの世界と現実世界の区別ができないかのような論評が続く。

・「「ベッキーにタイキック」は、公開で暴行・傷害罪を行った、との解釈もできることなのである」
・「そもそも、不倫を口実にベッキーに第三者が制裁を加えようということ自体が、おかしなことだ。不倫とは民法上の問題、(引用者により中略)だから、配偶者は、不倫した配偶者やその不倫相手に対し、損害賠償請求を行うことができるが、不倫自体は刑事罰を加えられるものではない。まして、不倫を口実に暴力をふるったら、それは暴行・傷害罪となりうる」
 …。
 どういう世界観を持っても、どういう感想を抱いてもいいが、こういう記事が個人のブログではなく大手のニュースサイトに載るということに、少なからず驚かされた。書けばどんなものでも掲載されるほどの大物ではないようだから、掲載の可否が判断された上で許可されたのだろう。
 編集者的な立場の人は、これを読んで納得したのだろうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒人差別と日本人 [社会]

 年齢を聞かれて「年なんてどうでもいいことをなぜ聞くのか」と憤慨する人は、どうでもいいなら普通に答えればよいということに気づかないで、逆にこだわっている人である。

 黒人俳優の風貌の物真似をしている日本人を見て「黒人の肌の色を侮蔑している」感じる人は、自身が黒い肌を何か触れてはいけないタブーのように見ていることに気づかないで、屈折した差別的な感情を内に抱いている人である。
 かつて差別的な意味において白人が黒い肌の真似をした歴史があったとしても、それは彼らの歴史が抱えている負の遺産であって、日本人の歴史ではない。
 笑いと差別に重なるところが多いとはいえ、笑いはそのまま侮蔑を意味するのではない。白人の俳優の真似をしているお笑いタレントは多くいるが、その真似に対して差別だという声が挙がったことはなく、演じている人にも見ている人にも差別的感情なんてどこにも生じていない。
 真似をしてはいけない特殊な位置に黒人を据えるというのは、そのこと自体が差別であろう。奴隷として虐げてきた歴史のある人たちにとっては未だタブーとしての性格を失っていないのだろうが、そのタブーを無関係の者たちにも押しつけるのは傍迷惑な自己中心的思考であり、また同様の批判をする非西洋人は短絡的で思慮の足りない間抜けでしかない。
 平等や反差別といった主張そのものには誰も異を唱えることはできないが、だからといってそこで検証されている事に対する認識が正しいとは限らず、鵜呑みにしないことが肝要だ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

少数者の傲慢 [社会]

 数年前からこの時期になると、除夜の鐘がうるさいという苦情が来たからと自粛するといったことが起こっている。これに関しては、寺の存在や鐘を鳴らす風習が昔からあるのだから、後から寺の近隣にやって来た人間が文句を言う筋合いではない、とする意見が多く聞かれる。
 それはもちろんその通りだが、より根本的な問題は、否定論者が大多数なら検討の余地もあるとしても、なぜ少数者の意見に従わなければならないのか、ということにある。
 世の中には様々な意見があるのだから、どんなことにおいても肯定と否定が見られる。100%の肯定がなければ存続不可、というわけはない。個人の趣味ではなく社会的な慣習や行事などの場合、一部の人間ではなく、そこに参加する多くの人の意見が優先されるのは当然であろう。苦情を言う少数派の意見を優先させるのはまったく合理的ではなく、例外的な意見に従うのは多数派の人間の軽視にほかならない。
 野良猫に餌を与えることについて、猫嫌いの人の意見を優先させ、猫好きの意見を封じてしまう風潮の奇妙さについて以前にここに書いたことがある。好きと嫌いという意見のうち、なぜか嫌いという表明ばかりが取り上げられ、それに従わざるを得なくなるというのはおかしいことだろう。そもそも猫は室内飼いが原則という生き物ではなかった筈だ。
 少数者の意見を切り捨てることなく大事にするべきだ、という態度は正しい。しかしこれは、少数者の意見こそが正しい、少数者の意見に従うべき、ではない。こんな単純なことを混同してしまうというのは、ここのところのマスコミが政権批判等に関して意図的に行っている誤誘導が原因だろうと思われる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -