So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

新聞テレビの自滅 [報道]

 今に始まったことではなく、およそ自分が直接知っている限り、ほぼ常にマスコミは自民党政権や保守的な思想や文化に批判的で、時としてひどく偏った報道ばかりしている。
 そのことを強く認識したのは昭和60年から放送されている「ニュース・ステーション」だ。コミカルでにこやかな久米宏の人気に乗って好評を博し、最初はよく観ていたものだが、やがて偏向ぶりにうんざりして観なくなった。それは古舘伊知郎になっても変わらない。
 土井たか子のもとで社会党が躍進した際、これはどの番組でもそうだったが、自民党が負けることが日本にとって望ましいことのように論じられていた。結局は社会党に権力を維持する力は無く、続いて日本新党や民主党が躍進する際もマスコミはこぞってこれら非自民の政党を後押しするが、いずれの政党も長続きする力は無かったわけだ。一党が政権を持ち続けるよりも二大政党制になった方が良いとする見解が背景にあるとしても、そもそも日本の革新系には保守と同等の勢力や人材もなければ、共通する理念もない。マスコミがよってかかって持ち上げてブームを作ってようやく、自民党に対抗できる政党がでっち上げられるが、所詮そんな党に持久力はない。
 さて、問題は、偏向報道や捏造報道をしてまで必死になって砂上の楼閣を作り出そうとするマスコミである。麻生総理に対する政治上の問題ではない点ばかりのネガティブキャンペーンを続けた結果、支持率は急速に落ちて、あの民主党政権が誕生したことは記憶に新しい。そして今回も安倍総理に対して更に徹底した偏向報道がなされているわけだが、前回と違って今回は、取って代わる政党がない。小池百合子が国政政党を作れば対抗馬になるとしても、今からではあまりにも急拵えで、都議選では自民都議の自滅により圧勝したとはいえ、国政でも同様の結果となるとは思えない。ただ単なる自民潰し安倍政権潰しがマスコミの今回の目的だろう。
 いつも不思議に思うのは、マスコミの中の人間のことである。上記のような目論見を抱いている者ばかりではない筈だからだ。多くは生活のため仕事に縛られており、上からの命令には逆らえないといっても、このまま狂った状況が繰り返されれば、もはやマスコミを含めて国が滅んでしまいかねない。滅ぶとは大袈裟に聞こえるだろうが、狂った報道が跋扈する国に健全で輝かしい未来など望めないのである。マスコミの人間もネット上の知見で偏向ぶりは了解していると思われ、知った上で甘んじて何もできないのなら、もはやこのような狂ったマスコミを外部からどうにかしなければならないのだろう。そのために何ができるかはまったく見当がつかないけれども。 
 偏向や捏造など不当な操作によって人の人生や国政などを左右するような卑劣な手段が横行するメディアでは、信頼というものが成立しない。信頼が寄せられないメディアはいずれ見離される運命しかなく、それは自死に他ならない。気に入らない政権の首を正義面して締め付けているつもりで、同時に自らの首をも絞めているのである。このような事態をマスコミの中のまともな人たちはどう考えているのだろうか。それともマスコミにまともな人間など求むべくもないのだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

捏造と偏向の綴織 [報道]

 就任した直後の小池都知事に対する自民都連の対応が非常に素っ気なかったことで、あの大人げない態度に不快感を覚えた都民は多いはずだ。先日にはTBSの番組で自民党の議員が握手を拒否したように加工された捏造映像が流されたようだが、写真撮影の拒否とか時間の短さと言った点で嫌な対応だったことは否めない。
 それらを含め、自民都議への反撥は相当に高まっていて、あのときからすでに今回の都議選の結果は決まっていたと言っていい。自身も自民党議員へ投票することを躊躇っていたほどだが、以前にも書いたように、都知事側の団体が公認したのは革新系の中身のない女性議員で、推薦したのは直前に民進党を離党した人物、残りは共産党と自民党であって、結局は消去法により自民党議員に入れざるを得なかった。当選したのは都知事側に公認と推薦を受けた二人である。
 大敗の原因は安倍政権側の問題ではないことは明らかだと思えるのだが(勿論まったくの無関係ではないとはいえ)、そうであるかのような報道や発言が多いこともまた、捏造映像を流すTBSと同じで偏向した姿勢と目論見によるものといえよう。このなりふり構わぬマスコミの狂態は、いったいなんなのだろう。断末魔のもがきなら、いずれ再生の希望も持てるのだが。
 それにしても、例の握手の場面だけ切り取られた映像を見た司会のタレントやコメンテーターの連中は、「これ印象的でしたよねえ」などと間抜けな発言をしており、いかにいい加減で適当に人を批判しているのか分かると同時に、いかに番組制作側の手の平で躍らされているかも了解される。こういう扱いやすい連中だからこそ番組に重用されるのだろうなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学歴と常識 [見聞]

【こんなことを見聞きしたシリーズその5】

 もうずいぶんと昔、大学一年生のときの話。
 うちの学生はみな泳げなければならない、と余計なことを創立者が主張したため、一年の時だけ全員が水泳の授業を受けることになる。それで水泳パンツ姿でプールサイドにみなでぼんやり立っていたときのこと。
 近くには見知らぬ学生たちしかいなかったが、少し話をし、出身地を聞かれたので「○○県だ」と九州の県名を答えた。それからすぐに列で前に進むことになってプールサイドを歩いていると、前にいるその学生二人が次のような会話を始めた。

 学A「○○県って、四国だよな?」
 学B「んー、いや、九州じゃないかな?」
 学A「ええ、そうかあ? 四国じゃなかったかな」
 学B「たしか九州だよ」
 学A「ああそうか、九州かあ」

 前の学生二人はもう私との会話はしていないし、そのままで二人の会話は何事もなく終わったので、冗談を言っているような気配はまったくない。
 九州と四国に帰属する県を把握していない大学生。念のために書いておくが、決して底辺の大学ではない。というより、その対極にあると知られている大学の筈だ。
 やがて、内部進学者のなかにはまったく勉強していないのも多いらしく、授業について来られなくて留年する者のほとんどがエスカレーター式で大学生になった者たちだと知り、そういうことだったのかと納得した。一般教養の英語の教科書が平均的な学力の高校生でも読めるようなレベルで、何のための入試だったのかと不思議に思っていたのだが、そのわけも同時に了解した。内部進学者のための措置だったわけだ。そしてそれでも単位を落とす者がいる。
 内部進学者にはもちろんピンからキリまでいて、優秀な人間は当たり前にいるが、駄目なやつは学力以前の常識すらわきまえていないほど、とことん駄目なのである。しかし駄目でもたいていは卒業できるもので、しかも家が裕福だったりするからコネで会社にも入れる。かつて入社試験で名前を書いただけと噂される某著名人の息子が犯罪で捕まり話題となったが、経歴としては普通に大学を出て普通に社会人になっていたりする。
 また一般の入試試験とは違う形式で合否を決定する新たな学部もでき、その学部の学生や出身者の無知ぶりが次第に世間へと知られている現状のようでもある。内実を知らなければ学部別の事情や内部進学の事情を考慮することもなく、あの大学の出身者は世間一般の評価とは違って、実は馬鹿なんじゃないのか?と思うことだろう。
 内実を知っていても、九州と四国の県の区別ができない人間と同じ大学卒になっていることに対して、やはり納得いかない気持ちを抑えることは難しい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宗教の価値 [宗教]

 世の中には宗教を毛嫌いしている人が多い。掲示板等に書かれているような宗教批判の文言は、ほとんどが単に宗教をよく知らない故の偏見だが、多少はわきまえている人でも、科学的合理的な見地から否定的にならざるを得なかったりする。
 人はよく知らない事柄に対しては、何か印象的な具体例を知ってしまった場合に、それによって全体を認識してしまいがちである。おそらくオウム真理教事件をきっかけに、宗教に対する嫌悪感を持つ人は増えたのだろう。そうでなくとも、ただでさえ宗教はよくわからないものだ。
 ニーチェの超人思想のように、人が新しい神となるべきという思想は、胡散臭い宗教を切り捨てるものとして評価される。自分自身も、そのような思想は価値が高いと思う。
 しかし宗教がこの世からなくなって良いとはまったく思わない。神や教祖を崇め、教えに従い、困ったときにすがるばかりが宗教ではないからだ。
 宗教的行為のひとつに、自分を生かしてくれているものに対する感謝がある。このような感謝の念は宗教の存在理由のひとつだと思われるが、人が仮に新しい神となれたとしても、生命を育む自然や宇宙にはなれない。技術によってそれらの一部を代行することはできても、取って代わることはまずできないだろう。こういう類の感謝の気持ちを人は失っていいものかどうか。
 食事の際に「いただきます」という感謝の念を示すことを、人によってはどうでもいい作法と思うのだろうが、失って良いものだとは思えないのである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学者への誤解 [雑感]

 学者という立場の人たちは専門的な知識には豊富だが、それ以外のことに疎く浮き世離れしている、と評されることが多い。しかしこれはまったくの誤解だ。
 学者といえどもほとんど一般の社会人と変わらない。どんな仕事をしていようと、自身が関わっている仕事に関した知識を学んでいる。学者も同じように自身の研究分野に関する知識を学んでいるに過ぎないわけで、その内容が一般の人たちには理解されにくいことから、なにやら自分たちとは違う特殊な人種だと誤解されているだけである。
 学者には奇人や変人が多いとも思われているが、一般の会社員でも同様だ。パワハラやセクハラも、学者の世界であろうとなかろうと見られるものである。
 会社員が才能だけでなく、人心掌握に長けていたり、うまく立ち回ることによっていい地位を得られるように、学者も業績の他にそれらを身に付けていないと学界では埋もれてしまう。嫌われ者が書いた論文は難癖をつけられて拒否され、つまりはそんな感情によって審査結果を左右させる査読者もいる。権勢を有する教授の論文は欠点があっても受諾され、何も持たない者の論文は些細な欠点でも拒否の理由とされるのである。
 学者としてそれはどうかとは思うが、そう思ってしまうのも、学者を特別視しているからだ。どんな世界であれ、良くも悪くも、微妙な人間関係の中に成立している。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

烏合第一の会 [政治]

 民進党を離党したばかりの某都議が、やはり小池都知事のなんとかの会からの推薦を受けていた。また同じ選挙区からは、某市議がなんとかの会から公認で都議選に出馬するらしい。どちらも個人的には決して票を投じようとは思わない人種だ。さすがに共産党議員には公認も推薦も与えていないが、やっぱり都知事側につくのはこの手の人たちということが明確になった。
 明確になったのは良いことだが、単なる反自民だけで乗っかるというのは、どちらにとっても品の良いものではないことであろう。
 これまで投票しなかった人物に、小池都知事の会派に付いたからという理由で票を投じる人というのは、いるのだろうけれども、どれほどの数になるのだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

駄目な生き方 [雑感]

 若い頃は立身出世とか、裕福な暮らしがしたいといった願望があまりなかった。そういったことを望むのは下品で浅ましいことだとする意識を強く持っていたからだ。その感覚が甚だしくなった挙げ句、自分の将来の姿を肯定的にホームレスと見定めていたりした。
 人は物欲なんてものに振り回されず、精神的な何かを追い求めるべきである。そんな人生観を心の内では崇高で格好いいもののように感じていた。
 だが、そんな人生観は間違いだ。
 人生をどのように生きるかについて良し悪しなどない、他人からどう判断されようとも犯罪性や反社会性に傾斜しない限り、どのような生き方でもいいのだと考えるのが基本的なスタンスなのだが、最近は上記のような生き方を間違いだとすべきではないかと思う。
 一生困ることのないほどの財産を引き継いでいるという人なら、それでいいかもしれない。あるいは財産がなくとも、若い頃ならまたそれでいいかもしれない。どんな考えを持っていようと、ある程度は親と社会に庇護されている。揺り籠の中で勝手な妄想に浸ることができる。
 しかし、本当に精神が破綻して、垢と糞尿に塗れた姿で路上に生活することに何の抵抗もなくなってしまえば、もはや問題はないが、そうでなければ、こんな生き方では歳を取るにつれて最低限の生活を維持することすらできなくなってしまう。よほど要領よくやらないと、バイトは体力があって顎で使える若い奴が求められやすいからだ。
 しかも加えて自分の場合、裕福になりたい意識を下品と感じるだけでなく、妙にプライドが高いところもあるため、理不尽な指示でも我慢して仕事にしがみつくということができない。この二つが相まって、人は金のみに生きるにあらず、という態度についついなってしまう。さらにまた、大学院なんてところを出ているため、すでに二十代後半から、院卒の人は使いにくいからという理由でバイトを断られたりしている。
 大学院に行きながら研究者としての仕事を得られなかったのも、業績を積み上げることに必死になったり、有力な教授に媚びへつらったりすることを下品と感じていたのが理由のひとつだ(才能がないだけでなく、別の理由もあるが、人物特定されてしまうからそれは書かない)。
 得体の知れない何か精神的なものを追い求め、経済的な面を蔑ろにして自身と周囲の人たちを不幸にしてしまうよりも、金や地位を獲得する生き方のほうが良いと今では思う。溜め込むことだけに執着してしまっては意味がないが、そこまで病的でなければ、財産を使って解決できることは少なからず周囲にある。知識や技術を身に付ける、病気になったときに治療をする、年老いた親の面倒を見る、などなど、精神的なもののみに関心があった人間には難しいことばかりだ。
 この地上で生きていくための最低限の覚悟と作法を無視した報いといえよう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビのお約束 [雑感]

 少し前のことだが、ある番組で正しい日本語の表現について取り上げられ、「役不足」とか「確信犯」とかの正しい意味を解説していた。今さらながらだと感じていたのだが、街頭での調査では多くの人が間違えた解答をしていた。もちろん番組作りのために間違えた人の映像を選んで流しているとしても、かつての正しい日本語ブームはいったい何だったのかと呆れた。
 そんな中、「号泣」の意味は「歯を食いしばって泣く」ではなく、「大声を上げて泣く」という意味だといった説明もあった。
 そのコーナーが終わってCMに入った。番宣だったのだが、画面はあるタレントか涙を流し、その涙を手で押さえているというもので、テロップには「○○○○○が大号泣」とある。
 号泣どころか、さらに大がついての大号泣だから、それはもう狂ったように泣き叫んでいる筈なのだが、少なくとも紹介されている画面でのタレントは口は閉じたまま、一筋の涙がすっと流れているだけであった。
 いくら日本語の正しい意味はこうですよと言っても、他の場面で間違った表現を平気で使っていては駄目だろう。こういう批判をすれば、大袈裟にするのがテレビのお約束、などと反論されるかもしれない。しかしそんなお約束など勝手なご都合主義であり、そんなメディアに対しては、もはや信頼性を持つことは到底できないのである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

名簿業者へ [雑感]

 人の精神状態は常に一定というわけではない。当然のことだ。したがって、いつもは気にしないことであっても、時として不意に衝撃を受けてしまうこともある。

 名簿業者も名簿を購入して商売に用いる会社も、真っ当な業務だとはまったく思わないが、それらの業務の存在を多少は受け入れてもいいから、ひとつだけ配慮して貰いたいことがある。
 名簿には名前と電話番号の他に、独身か既婚かという項目を添えて欲しい。
 至極当然のように、「奥様はご在宅でしょうか?」と問われても、こちらの状況をいちいち説明する義務はないから黙って切るか、乱暴に叩き切るしかない。場合によってはこちらの名と番号をどうやって入手したのかとねちねち聞いた挙げ句にその無礼さを詰ることもあるが、そんな余裕と元気があるときばかりではない。たいていは黙って叩き切る。
 そして、ごく稀に、どうしようもない悲哀に襲われる。これは暴力だ。
 まったく見ず知らずの赤の他人から唐突に差し向けられる暴力である。
 妻はまだ霊安室から戻っていません、とか、昨年実家に帰ったきり戻ってきませんのでそちらの番号をお教えしましょうか、などと言って相手がとう反応するか楽しむ余裕があればいいのだが、もちろんないから腹立たしさと悲哀を抱えるしかない。
 だからせめて、独身用と既婚用の名簿に分けて、それに応じた会社に売るとか、そういった配慮をしてくれることを切に望む。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

180万年前の日本 [宗教]

 シュメール王名表なるものに、古代メソポタミアの伝説的な王の名と在位期間が記されている。人類最初の王とされるエリドゥ王アルリムから以下の数代を、ウィキペディアから引いてみると、
 エリドゥ王アルリム、在位28800年間。
 エリドゥ王アラルガル、在位36000年間。
 バド・ティビラ王エンメンルアンナ、在位43200年間。
 バド・ティビラ王エンメンガルアンナ、在位28800年間。
などとあって、一人の王でとてつもない期間を統治していたことになっている。もちろんこれらの年代についてはあくまでも伝説としか捉えようがないものなのだが、似たような記録はこの日本にも残されている。超歴史の文献としてよく引き合いに出される「竹内文書」などという怪しげなものではなく、日本最初の公式な正史、『日本書紀』のことだ。
 神武天皇の即位前紀に、天皇が「天祖の降跡りましてより以逮、今に一百七十九萬二千四百七十餘歳」と語る場面があって、つまり瓊瓊杵尊が地上に降臨したのは今から1792470年ほど前のことだ、というのである。
 この年数が何を意味しているのかはよくわかっていない。本来は『日本書紀』にこのような記述はなかったものを、いつしか誰かの書き込みが反映されて本文のように書き写されてしまったのだともいわれるが、本当のところはわからない。
 そして、この百七十九万年という途轍もない年代は、鎌倉時代に編纂されたと推定される伊勢神宮外宮の文献に、更に具体的に記述されることになる。すなわち『倭姫命世記』によれば、
 瓊瓊杵尊、318543年間。
 火火出見尊、637892年間。
 鵜草葺不合尊、836042年間。
といった治世期間が主張されているのである。
 これは『日本書紀』の百七十九万年余という年数を三代に振り分けたのだと思われるが、それぞれの数字に意味があるのかどうかも、やはり不明である。
 現在に直接つながる古代世界のはじまりを太古の昔に想定するのは、神や英雄の神秘性を深め称える心理として地域に関わらず共通しているのかもしれない。それにしても、アフリカを出て各地に広がっていったホモ・エレクトスという最初の原人の出現が百八十万年ほど前であり、その数字と天孫降臨の時期が一致するのは、面白い偶然といえよう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -